昭和35年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「非結核性抗酸菌症(肺MAC症)」の方になります。
 
15年ほど前に病院にて非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断。
5年ほど前より調子が悪くなっているとの事でご相談に来られました。
 
症状としてはになり、最近では疲れやすさも出ているとの事。
咳や痰は横になると酷くなるとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から3ヶ月、疲れが取れ大分楽になっているとの事。
寝起きの咳も少なくなっているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から6ヶ月、引き続き調子良く過ごされているとの事。
咳・痰も少なくなり、疲れも出ていないとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から1年、咳や痰が気になるとの事で菌を除去する粉薬と免疫を上げる粉薬の2種類を半分の量まで落とし「肺の炎症を取る煎じ薬」を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1年6ヶ月、咳や痰は完全には止まっていないが、昨年よりかは少なくなっているとの事。
少しずつ変化は出ているとの事でした。
 
まだ完全に良くなっていないが、徐々に変化が出ているようで安心いたしました。
引き続きこの調子で改善が見られると何よりですね。