昭和19年生 男性
 
こんにちは。
今日の患者さんは、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)の方になります。
 
4年ほど前に病院に行った所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断。
だるさ・微熱・食欲不振が気になりご相談に来られました。
 
咳や痰はそんなに気にならないが、体力の面が一番気になるとの事。
どんどん痩せてきてしまっているので痩せていくのを止めたいとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する粉薬
②免疫を上げる粉薬
 
の2種類の漢方薬を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、食欲が増えてきているとの事。
微熱も出る日が少なくなっているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から4ヶ月、元々咳は少なかったが今は咳が出ない位良くなっているとの事。
体力的にも元気になっている感じがあるとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から8ヶ月、引き続き調子が良いとの事。
風邪を引く事もなく順調に過ごされているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から11ヶ月、咳や痰も止まり、体調も良い状態が続いているとの事。
体調良く過ごされているとの事で、ご本人の希望により今回で治療終了とさせて頂きました。
 
順調に改善が見られ安心いたしました。
本来であれば2年間は続けて頂きたかったのですが、引き続き調子が悪化する事なく過ごせると何よりですね。