昭和47年生 女性
 
おはようございます。
今日の患者さんは「副鼻腔炎」・「気管支拡張症」の方になります。
 
何年か前に鼻の詰まり・痰・咳が気になり病院に行った所、「副鼻腔炎」・「気管支拡張症」と診断。
 
症状が悪化している為どうにか改善したいとの事でこちらにご相談に来られました。
 
症状としては1日中調子が悪く、睡眠時も出てしまっているとの事。
咳をすれば痰が絡み、緑色の痰血痰が出てしまうとの事でした。
 
漢方の種類としては、
 
①膿を取る粉薬
②鼻の詰まりを取る粉薬
③肺の炎症を取る煎じ薬
 
の3種類を組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、少し調子の改善が見られたとの事。
一番の変化は夜眠れるようになり、夜中は咳が出なくなったとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から6ヶ月、一番の変化は匂いを感じる時があるとの事。
少しずつ変化はあるが、まだ痰や鼻水は出てしまうとの事でした。
 
最初は煎じ薬の匂いも感じなかったみたいですが、最近は匂いを感じる時も出てきたとの事。
少しずつ良い方向に向いているので、引き続きこの調子で改善が見られると何よりですね。