昭和48年生 女性
 
おはようございます。
今日の患者さんは「副鼻腔炎」・「歯根のう胞」の方になります。
 
6~7年ほど前に病院でレントゲンを撮った所、「副鼻腔炎」・「歯根のう胞」と診断。
最近になり症状が出てきた為、ご相談に来られました。
 
風邪を引いた時には「歯が浮いたような感じ」になるとの事。
鼻に関しては「鼻水」が出る事や「くしゃみ」をするとの事でした。
 
漢方の種類としては、
 
①炎症を取る煎じ薬
②排膿作用のある煎じ薬
 
の2種類を組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、くしゃみの回数や鼻水の量が減っているとの事。
鼻の横の違和感も少し減っている感じはあるとの事でした。
 
少し変化が出ているようで安心いたしました。
歯根のう胞に関してはレントゲンを撮ってみないと変化がわからないので、そちらの改善も見られていると何よりですね。