昭和15年生 女性

こんにちは。
今日の患者さんは、喉の痛み(喉頭蓋炎)の方になります。
喉頭蓋炎とは、気道の一部である声門(声帯のあるところ)のすぐ上の喉頭蓋が炎症をおこしてしまう病気になります。

元々患者さんは喉が痛くなりやすく、1年に1回位喉の痛み(喉頭蓋炎)で苦しむ時がありました。

今年に入り3回ほど喉の痛みに苦しまれ、ここ2ヶ月くらいは喉の痛みで食事が摂れないほどとの事。
病院の診断では喉頭蓋炎。
痛くなくなるのを待つしかないねと言われこちらに相談に来られました。

漢方の種類としては、

喉の炎症を取る漢方薬に菌を抑える生薬を加え出させて頂きました。

漢方治療開始から1ヶ月、全く喉の痛みがなくなりご飯も普通に食べられるそうです。
予防の意味もこめてもう1ヶ月飲んで頂き治療を終了する事にしました。

漢方を飲み始めてから1週間ほどで痛みはなくなったそうです。
2ヶ月苦しんできたので早期での改善が見られ驚かれていました。
この調子で再発する事無く過ごせると何よりですね。