脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)とは

鼻の周辺や頭皮など「皮脂の分泌が多い場所」を中心に起こる皮膚炎になっています。
 
頭皮の炎症としては非常に多い疾患になり、酷くなるとフケやかゆみなどの症状も出てきてしまう病気です。
 
元々は男性ホルモンが皮脂分泌を促進することから男性に多い病気と言われていました。
 
近年では「食事の欧米食化」「ホルモンバランスの乱れ」から女性の方にも多くなってきています。
 

脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)の原因

赤ちゃんと成人で少し異なりますが、どちらも「皮脂の過剰分泌」が一番の原因になっています。
 
成人の方では皮脂が過剰に分泌される事で「マラセチア」という「真菌(カビ)」が繁殖してしまいます。
 
「マラセチア」は元々バクテリアなどから皮膚を守ってくれる常在菌になりますが、皮脂を好み、皮脂が多い環境下で異常増殖してしまいます。
 
「マラセチア」が異常増殖し、脂肪酸を作り出すことから皮膚の炎症を引き起こしてしまいます。
 
赤ちゃんの原因としては、皮脂の分泌が盛んなことと、毛穴が未発達なため分泌された皮脂が毛穴につまりやすいことが一番の原因と言われています。
 

皮脂の過剰分泌の原因とは?

食べ物としては「油の多い食事」「刺激の強い食べ物の摂取」「乳製品」などが皮脂の過剰分泌の原因になっています。
 
食べ物以外では睡眠不足・ストレス・男性ホルモンの過剰分泌などがあげられます。
 
男性ホルモンが過剰分泌される事で、男性ホルモンが皮脂腺を刺激し、皮脂の分泌を促進する事から皮脂が過剰分泌されてしまいます。
 

脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)の症状と漢方薬

初期の症状としては、頭皮のフケが少し出る程度になります。
 
悪化してくると
 
・頭皮の赤み
・赤ら顔
・湿疹
・かゆみ
 
などの症状が出てきます。

出来る場所としては、
 
・頭皮
・顔
・鼻の周り
・耳の後ろ
・わきの下
 
など皮脂の分泌の多い場所に出来やすいです。
 
赤くなることが多く、皮膚がはがれてしまいます。(頭皮の場合はフケとなり出てきます。)
 

実は怖い病院のお薬…

病院では「ステロイドの外用」や「抗真菌外用剤」などを使う事が多いです。
 
「ステロイドの外用」は、抗炎症作用(炎症を鎮める作用)は強いですが、「免疫を落とす」「皮膚を薄くしてしまう」などの副作用も多いです。
 
皮膚が薄くなると菌感染が起こりやすくなり、「マラセチア」が繁殖しやすくなります。
 
また「抗真菌外用剤」は「マラセチア」の増殖を抑える事は出来ますが、バクテリアなどから皮膚を守ってくれる「マラセチア」までも死滅してしまいます。
 
上記でもお書きしていますが、「マラセチア」は常在菌なので全くいなくなるのは問題です。
 
病院のお薬が悪いわけではないですが、「副作用」があるのは重要な問題点の1つになってしまいます。

脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)の漢方薬

原因の所でも書いていますが、皮脂分泌が促進しておきている事から「脂の代謝が上手く出来ていない方」が多いです。
 
基本として使っていくのは「解毒作用」「清熱作用」のある漢方薬になっています。
 
赤ら顏や頭皮の赤みにも「清熱作用のある漢方薬」を使う事で改善が見られます。
 
また「マラセチア」という「真菌(カビ)」にも感染している為、「菌を除去する漢方薬」を一緒に出して対処していきます。
 
・元々いた「マラセチア」もいなくなってしまうのでは?
 
・漢方薬で菌を除去できるの?
 
という疑問点だと思います。
 
まず漢方薬は正常化作用なので、元々いた「マラセチア」までは除去する事はありません。
 
また漢方薬でも「菌を除去する漢方薬」はあります。
 
有名な病気だとピロリ菌や難治性の肺マック症などを漢方薬で改善する事が可能です。
 

脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)の症例

症例①(平成2年生 男性)

10年ほど前に病院で脂漏性皮膚炎と診断。
病院でのお薬、他店での漢方薬を試したが改善が見られない為こちらに相談に来られました。
 
症状としては、目の周り鼻の横・頬が赤く痒みがあるとの事。
特に寒い所から暖かい所に入ると赤味が増すとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①清熱・解毒作用のある漢方薬
②菌を除去する漢方薬
③血流改善の漢方薬(寒い所から暖かい所に入ると赤味が増す事から)
 
の3種類の漢方薬を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から2ヶ月、痒みが止まっているとの事。
 
漢方服用開始から6ヶ月、痒み・赤味ともにほとんど症状がないとの事。
出来やすかった口内炎もできなくなったとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から10ヶ月、調子に変わりなく良い状態が続いているそうです。
 
漢方服用から2ヶ月で改善が見られ始めた患者さんになります。
現在も体質改善に向け服用中です。
 

症例②(昭和11年生 女性)

3年ほど前に皮膚の調子が悪いので病院に行った所、脂漏性湿疹(脂漏性皮膚炎)と診断。
症状が酷くなってきた為、こちらに相談に来られました。
 
症状としては口の周りの「赤味」「湿疹」とおっしゃっていました。
痒みに関してはほとんどないとの事。
 
漢方の種類としては「清熱・解毒作用のある漢方薬」を1種類出させて頂きました。
 
漢方服用開始から3ヶ月、赤味が大分引いてきたとの事。
調子は良いとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から6ヶ月、赤味・湿疹共になくなったとの事。
 
別の症状が気になるとの事で6カ月で漢方服用を終了した方になります。
湿疹に関してはその後も悪化することなく過ごしているとおっしゃって頂けました。