にきび(尋常性ざ瘡)・吹き出物はどのタイプですか?

 
「普段はそんなに酷くないけど生理前に酷くなる…」

「暴飲暴食や疲れが出ると必ずにきび(尋常性ざ瘡)・吹き出物が酷くなる…」

などの悩みはありませんか?
にきび(尋常性ざ瘡)・吹き出物の漢方薬を飲む時に、「いつが出来やすいのか(生理前など)」「どこに出来やすいのか」(背中・顎など)により漢方薬の種類は変わってきます。
自分の特徴を知り自分に合った漢方薬を飲みましょう。
 

にきび(尋常性ざ瘡)・吹き出物とは

にきび(尋常性ざ瘡)とは、毛穴に発生する慢性炎症性疾患になります。
 
口頭でも少しお書きましたが、10代~20代前半に出来るものを「にきび(思春期にきび)」と言い、30代以降のにきびを吹き出物(大人にきび)と言います。
 

10代~20代前半に多いにきび(尋常性ざ瘡)の原因

原因は様々ですが、10代~20代前半に出来るにきび(思春期にきび)は性ホルモンの変動によって皮脂が過剰に分泌され、毛穴を詰まらせるにきびになってきます。
 
性ホルモンの変動によりにきびが出来る為、女性の場合は「生理前ににきびが多くなり、生理が終わると改善が見られてくる」という事が多いです。
 
男性の場合は10代~20代前半に男性ホルモンが活発になる事でにきびが増えてきます。性ホルモンの変動が原因の為、20代後半や30代になると落ち着いてくる方も多いです。
 

20代中盤からのにきび(尋常性ざ瘡)・吹き出物(大人にきび)の原因

20代中盤からのにきび(尋常性ざ瘡)・吹き出物(大人にきび)の原因としても皮脂が過剰に分泌され、毛穴を詰まらせる事に変わりがないのですが、
 
・不規則な食生活
・睡眠不足
・飲酒や喫煙
・ストレス
・スキンケアや化粧品
・ホルモンの関係
 
などさまざまな要因が考えられますが一番多い原因としては、「肝臓の解毒能力の低下」です。
 
近年では、欧米食化が進んできている為、油ものが多くなってきています。(からあげやてんぷら、パスタなど思いつくだけでも油ものは多いです。)
そこで問題になってくるのが「油ものの過剰摂取による代謝不足」となります。
 
他にも「ストレスや身体の疲れによる肝臓機能の低下」などもにきび(尋常性ざ瘡)・吹き出物(大人にきび)の原因になってきます。

出来る場所や色の違いでの原因

にきび(尋常性ざ瘡)・吹き出物が出来る場所としては、顎や頬・額や鼻・背中などに出来る方が多いです。

額・顎のにきび→解毒能力が足りず皮脂の分泌が多くなる事で出来る事が多いと言われています。(顎にきびに関しては、ホルモン(オ血)も影響している事が多いです。)

頬・背中のにきび→ホルモン(オ血)が大きく影響している可能性が多いです。
 
色の違いでは、大きく分けると赤ニキビと白にきびに分かれてきます。

赤にきび→オ血体質の方が多く、解毒能力が低下している方もこのにきびの方が多いです。(オ血とは、古血や血液の滞りを指します。)

白にきび→血虚体質の方が多く、水毒の為冷え性や貧血の方が多いです。(血虚とは、血液不足や代謝不足を指します。)

にきび(尋常性ざ瘡)・吹き出物の漢方薬

10代~20代前半に多いにきび(尋常性ざ瘡)の漢方薬

女性の場合は、生理やにきびの色を基準に考えていきます。(生理前に酷いのか、生理の終わりかけにひどいのか)
 
「生理前に酷くなるにきび(尋常性ざ瘡)」としては、顎にきびや頬に出来る事が多く赤にきびが出来やすいです。
駆オ血剤と言われる、古血や血液の滞りを良くする漢方薬を中心に「ヨクイニン」などの塊を取る漢方薬を加えていきます。
 
使う漢方薬:桂枝茯苓丸・桃核承気湯・加味逍遙散・温経湯
 
「生理が始まった後や終わりかけのときの方が酷くなるにきび(尋常性ざ瘡)」としては、背中にきびや白にきびが出来る事が多いです。
血液不足や代謝不足を良くする血虚を改善する漢方薬に「ヨクイニン」などの塊を取る漢方薬を加えていきます。
 
使う漢方薬:当帰芍薬散

男性の場合は、「清上防風湯」「十味敗毒散」などの化膿を止める漢方薬に菌を除去する漢方薬などを加え出させて頂く事が多いです。

20代中盤以降に多い「肝臓の解毒能力の低下」によるにきび(尋常性ざ瘡)・吹き出物(大人にきび)の漢方薬

20代中盤以降に多いにきび(尋常性ざ瘡)・吹き出物(大人にきび)としては、赤ニキビや額・顎に多く出来ます。
肝臓の解毒能力を高める作用のある漢方薬を中心に「菌を除去する作用のある生薬」を加えていきます。

使う漢方薬:温清飲、荊芥連翹湯など
 
使う漢方薬はあくまでも傾向になりますので、実際問診をさせて頂き漢方を絞っていく事が重要です。
 

にきび(尋常性ざ瘡)・吹き出物の症例

症例①(平成6年生 女性)(ホルモンによるにきび(尋常性ざ瘡))

中学2年生くらいからにきび(尋常性ざ瘡)に悩みこちらにご相談に来られました。
一番に気になるのは、顎や背中のにきび(尋常性ざ瘡)。他にも顔全体に広がるにきび(尋常性ざ瘡)も気になるとの事でした。
特に生理前に酷くなり、生理になると落ち着くが完全になくなる前にまた出来てしまうとの事。

赤いにきび(尋常性ざ瘡)と生理前に酷くなるという事からオ血に対する粉薬を1種類と錠剤を1種類出させて頂きました。

漢方治療開始から2ヵ月、中々改善が見られませんでしたが、やっと数が減ってきたとの事。
生理痛も酷いとおっしゃっていましたが、オ血の治療で生理痛も軽減してきたとの事でした。

漢方治療開始から5ヶ月、顎と頬に少しあるが前に比べたら大分良くなっているとおっしゃって頂きました。

体質改善までにはもう少し時間がかかる予定でしたが、ご本人の希望により治療終了。
長年苦しまれていたにきび(尋常性ざ瘡)がそんなに時間がかかる事なく改善が見られました。

症例②(昭和63年生 女性)

何年か前より口回り・鼻下のにきび(尋常性ざ瘡)が気になり始めたとの事。
改善が見られればとこちらにご相談に来られました。
 
にきびの症状としては「生理」と関係なく出来てしまうとの事。
特に出来やすいのは「疲れた時」に出来てしまうとの事でした。
 
漢方の種類としては
 
①肝臓の解毒を助ける煎じ薬
②抗菌作用のある生薬
 
の2種類を組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、仕事が忙しかったがにきび(尋常性ざ瘡)が出来なかったとの事。
今までだったら出来ていたのにと驚かれていました。
 
漢方服用開始から3ヶ月、にきび(尋常性ざ瘡)が出来なくなったとの事。
今は調子が良く出来ない状態が続いているとの事でした。
 
漢方服用開始から6ヶ月、出かける事が多く漢方薬の飲めない期間があったが酷くならずにすんだとの事。
調子は悪くないとの事でした。

漢方服用開始から10ヶ月、順調に改善が見られているのでご本人の希望により治療終了。
調子良く過ごせているとの事でした。

順調に改善が見られ、治療終了までいけて安心いたしました。
引き続き酷くなる事なくこの調子で過ごせると何よりですね。