COPD(慢性閉塞性肺疾患)とは

従来、肺気腫・慢性気管支炎と言われていた疾患です。
両疾患が合併することが多いことから、この二つの疾患による閉塞性肺疾患を合わせてCOPD(慢性閉塞性肺疾患)と呼ぶようになりました。
COPD(慢性閉塞性肺疾患)の患者さんの数は、500万人を越えていると言われています。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の症状

肺や気管支が炎症を起こし、それがもとになって息切れや咳、痰、体重減少などの症状が起こってしまいます。
肺の機能の低下がおこり様々な症状がおこってくる事が多い病気を肺気腫。
気管支に慢性の炎症がおこり症状が出る事が多い病気を慢性気管支炎と言います。

肺気腫になると

肺胞とは、血液中に酸素を取り入れ、不要になった二酸化炭素を放出する役割を果たしています。
その肺胞の壁が徐々に壊れたり肺胞壁が拡大したりして、次第に肺全体の機能が低下してしまいます。
肺胞壁が壊れると酸素と二酸化炭素の入れ替えが上手くできなくなるため、息切れ動悸体重減少などの症状が起こります。

慢性気管支炎になると

気管支に炎症が出ている事を気管支炎と言います。
痰の量と咳の回数が異常に増えるだけでなく、痰を伴う咳が1年間に3カ月以上も続くような状態が、2年以上みられる場合が慢性気管支炎にあたります。
気管支の炎症が慢性的になれば、気管支の粘膜の分泌線が肥大して、気管支の壁である気管支壁が壊れていきます。
それが原因で多量の痰を伴う咳が続き、呼吸困難浮腫などが出てきます。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の原因

喫煙や粉塵、化学物質、加齢などが一番の要因となってきます。
この中でも最大の原因は喫煙になり、喫煙者の15~20%が肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患(COPD)を発症すると言われています。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の漢方薬

症状によって漢方薬を変えさせて頂きます。

咳や痰が酷い方

咳の種類によって使う漢方薬は変わってきます。
漢方では、乾燥の咳潤の咳に分けてお薬を出させて頂きます。

乾燥の咳:空咳になり濃い痰を出すのが特徴。濃い痰が詰まり寝ている時や朝方が酷い事が多いです。

肺を潤す作用のある漢方薬を使う事が多いです。
使用する漢方:麦門冬湯清肺湯竹葉石膏湯など

潤いの咳:痰の量が多く時間に関係なく咳や痰が出ます。

喘鳴(ゼーゼー)する事が多く気管支が炎症をおこしている事が多い為、気管支に効く漢方薬を使う事が多いです。
使用する漢方:半夏厚朴湯五虎湯越婢加半夏湯など

息切れ・動悸・体重減少が酷い方

呼吸を楽にする漢方薬身体を楽にする漢方薬を使わせて頂きます。

息切れや動悸は、肺の機能自体が衰えてしまっている可能性があります。
肺や心臓の機能を助けてあげたり、身体自体の疲れを取ってあげる事で呼吸が楽になってきます。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の症例(肺気腫)

症例(昭和33年生、男性)

3年ほど前に肺気腫と診断。その時より少しずつ息苦しさを感じる様になってきたそうです。
肺気腫を診断された時に、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)とも診断されご相談に来られました。
症状は、倦怠感微熱息苦しさになり酷い時は半日ほどだるさが続く事があるとおっしゃっていました。
非結核性抗酸菌症(肺MAC症)・肺気腫共に治療をしたいが、とりあえずは非結核性抗酸菌症(肺MAC症)をメインでとの事で

①免疫を上げる漢方薬
②菌を除去する漢方薬

の2種類で治療をさせて頂きました。

漢方治療開始から2ヶ月、微熱も出る事なく過ごせていて、倦怠感も大分取れてきているとおっしゃっていました。
肺気腫の治療も併用したいとの事で今回より肺気腫の煎じ薬も追加させて頂きました。

漢方治療開始から3ヶ月(肺気腫の漢方薬は1ヶ月目です。)、大分呼吸が楽になっている感じがある。動くのも楽になったとおっしゃって頂けました。

漢方治療開始から6ヶ月(肺気腫の漢方薬は4ヶ月目です。)、動くのも楽になっていて呼吸が大分しやすくなっているとおっしゃって頂けました。

漢方治療開始から8ヶ月(肺気腫の漢方薬は6ヶ月目です。)、3日に1回朝方のみ呼吸が苦しくなる事があるが、それ以外は苦しさはなくなっているとの事。
呼吸が楽になっているので調子は良いとおっしゃって頂けました。

漢方治療開始から11ヶ月(肺気腫の漢方薬は9ヶ月目です。)、呼吸に関してはほとんど苦しくなる事なく順調に過ごしているとの事。
最初に比べると大分楽になっているとおっしゃって頂けました。

漢方治療開始から1年3ヶ月(肺気腫の漢方薬は1年です。)、咳が気になるとの事で「肺を潤す煎じ薬」を追加して出させて頂きました所、呼吸に関しても苦しくなる事が少なくなり咳も良い状態とおっしゃって頂けました。

息切れ、咳共に順調との事で安心いたしました。
引き続き体質改善に向け漢方服用中です。

 
患者さんの声に他の患者様の症例ものっています。 どうぞ参考にされて下さい。
患者さんの声:喘息・肺疾患(呼吸器疾患)