非アルコール性脂肪肝炎(NASH(ナッシュ))・脂肪肝とは

肝臓の細胞の中に中性脂肪が沢山たまった状態で、全肝細胞の30%以上が脂肪化している状態を『脂肪肝』といいます。
脂肪肝の方は約3000万人と言われ成人の3人に1人の割合に達しているといわれています。

脂肪肝の原因と経過

原因は様々ですが、一番の原因と言われているのが

「肥満、過度の飲酒、糖尿病」

になります。
脂肪肝 ⇒ 脂肪性肝炎 ⇒ 肝硬変 ⇒ 肝がん へと進行することがあります。

非アルコール性脂肪肝炎(NASH(ナッシュ))について

アルコールを飲まないのに脂肪肝から肝硬変になる方を非アルコール性脂肪肝炎(NASH(ナッシュ))と言います。
脂肪肝の約一割が非アルコール性脂肪肝炎(NASH(ナッシュ))を発症していると言われ、病気の進行が速く、治療に対する反応も鈍いとも言われています。
原因は明らかにされていなく、一番の原因とされている肥満や糖尿病がなくても非アルコール性脂肪肝炎(NASH(ナッシュ))になる事があるそうです。

非アルコール性脂肪肝炎(NASH(ナッシュ))になると

γ-GTP やAST(GOT),ALT(GPT)などの肝機能の数値が高くなる事がありますが、必ず高くなるといものではありません。
進行していくと肝硬変症や肝がんになり倦怠感黄疸腹部膨満感等の症状が出てきます。

肝硬変まで進行してしてしまった場合は、肝硬変の治療も必要です。
詳しくは、肝硬変をご覧ください。

非アルコール性脂肪肝炎(NASH(ナッシュ))・脂肪肝の漢方薬

漢方薬をお出しする際に肝硬変になってしまっているかどうかが非常に重要になってきます。

肝硬変発症前

脂肪肝に関しては、肝臓の脂肪を排出する漢方薬を使用する事で改善が見られていきます。
脂肪を排出する漢方薬に加えて、牡蠣肉製剤深海ザメの肝臓の油製剤を使う事で早期に改善が見られる事が多いです。

非アルコール性脂肪肝炎(NASH(ナッシュ))に関しても同様に牡蠣肉製剤深海ザメの肝臓の油製剤を使う事が多くそれに加え肝臓の炎症を取る漢方薬を使用していきます。

肝硬変発症後

肝硬変のページにも書いていますが、肝臓の線維化を取る事が大事になってきます。
肝硬変の線維化を除く作用のある野ブドウ製剤をメインで使い治療をしていきます。
野ブドウ製剤に加え、上記の漢方薬も併用する事で効果を高める事が出来ます。

非アルコール性脂肪肝炎(NASH(ナッシュ))・脂肪肝で使う漢方薬

・大柴胡湯
・防風通聖散
・温清飲

紹介している漢方薬は、一部になりその方々に合わせて漢方薬をお作り致します。

 
患者さんの声に他の患者様の症例ものっています。 どうぞ参考にされて下さい。
患者さんの声:肝臓疾患