萎縮性胃炎は漢方薬で早目に改善を。

 
症状がないけどこのままでいいのかな…
 
胃の調子はいつも気になる事が多い…
 
胸やけ、吐き気に困る事が多い…
 
「胃癌」になる可能性が高い「萎縮性胃炎」は早期で改善をしておいた方が良い病気です。
 
「萎縮性胃炎に漢方薬を試してみませんか?」
 
ご自身の「萎縮性胃炎」の原因を探してみましょう。
 

 

萎縮性胃炎とは

胃の炎症が続く事で「胃の粘膜が萎縮し薄くなっていく病気」です。
 
塩分の過剰摂取・ストレスなど何らかの原因で胃に炎症がある状態が「胃炎」になり、胃炎が長く続く事を「慢性胃炎」と言います。
 
「慢性胃炎」により炎症が長く続いた胃は、萎縮をおこし修復されず「萎縮性胃炎」になる事が多いです。
 
また「慢性胃炎」「萎縮性胃炎」「胃癌」となり、進行すると胃癌になる可能性が高い病気になっています。
 

萎縮性胃炎の原因

原因としては、
 
・ストレス
・食べすぎ飲みすぎ
・刺激の強い食べ物やアルコール
・ピロリ菌
 
などです。
 
今までは「ピロリ菌」が原因となる事が多いと言われていました。
 
近年はピロリ菌が原因となる事は少なく、一番の原因は「食生活」「ストレス」であると考えられています。
 
ストレスが原因となる事が多く、ストレスを受け続けると胃の働きをコントロールしている「自律神経」が乱れて胃酸が過剰に分泌、胃酸が胃の粘膜を傷つけ炎症を起す事で「慢性胃炎」に。
 
また「免疫異常」により胃の粘膜に炎症がおこり「萎縮性胃炎」となる「自己免疫性萎縮性胃炎」という病気もあります。
 
この場合は「抗壁細胞抗体」「抗内因子抗体」が体内で作られる事が原因です。

萎縮性胃炎の症状

主な症状としては、
 
・食欲の低下
・胃もたれ
・げっぷ
・吐き気
・胃痛
 
などです。
 
ただ症状が出ない方も多く、健康診断などで「萎縮性胃炎」と診断される事も多くなっています。
 
「免疫異常」が原因となる「自己免疫性萎縮性胃炎」「貧血」などの症状がおこる事も多いです。
 

萎縮性胃炎の漢方薬

漢方薬を選んでいくうえで、原因となる部分を考えていく事が大事になってきます。
 
慢性的な炎症が起こって胃が薄くなっているので、一番使う事の多い漢方薬としては「胃の保護をする漢方薬」です。
 
「胃の保護をする漢方薬」「芳香性健胃」と言われる胃腸の働きを良くする漢方薬を追加する事で胃腸の働きを促します。
 
またストレスが原因となる場合は「神経性胃炎に使う漢方薬」を使い、ピロリ菌が原因となる場合は「菌を除去する漢方薬」を使い対応していく事が多いです。
 
原因によって漢方薬を使い分ける事が重要になっています。
 

萎縮性胃炎の症例

症例(昭和23年生 男性)

先日病院に行った所「萎縮性胃炎」と診断。
症状が気になるようになりご相談に来られました。
 
症状としては「胃の痛み」が気になるとの事。
痛い時間帯は「食前」「食後」のどちらも痛みが出ているとおっしゃっていました。
 
漢方の種類は、

①胃の保護をする漢方薬
②芳香性健胃の漢方薬(消化を助ける煎じ薬)

の2種類を組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、胃の痛みがほとんどなくなったとの事。
最初来られた時の1/10くらいの痛みまで減ったとおっしゃっていました。
  
漢方服用開始から3ヶ月、引き続き胃の不調なく元気に過ごせているとの事。
順調に良くなっているとの事でした。
 
漢方服用開始から4ヶ月、食べ過ぎた時は胃の不調が出る事があるが、それ以外は不調は出ていないとの事。
ここ最近痛みは全く出ていないとの事でした。
 
順調に改善が見られているようで安心いたしました。
引き続きこの調子で改善が見られていくと何よりですね。
 
今も根治に向け漢方薬服用中です。