IgA腎症は漢方薬で改善が可能です。

 
血尿が出ている…
 
血圧が高くて…
 
浮腫みがどんどん酷くなっている…
 
「腎臓」が悪くなる「IgA腎症」は酷くなると透析が必要になる病気です。
 
「IgA腎症に漢方薬を試してみませんか?」
 

 

IgA腎症とは

「糸球体」(腎臓で尿を作るろ過装置)に免疫グロブリンの一つであるIgAが沈着する「慢性糸球体腎炎」になります。
 
ちなみにIgAとは「気管支」「腸」などの粘膜を外敵から守っている免疫グロブリンです。
 
「感冒」「扁桃腺炎」などで異常なIgAが産生され、腎臓の糸球体に沈着し炎症を起こす疾患が「IgA腎症」になります。
 
広い年代に見られる疾患ですが、比較的若い方に多く日本人で最も多い「腎臓病」です。
 

IgA腎症の漢方薬

原因となる「免疫の異常」「腎臓の炎症」を改善していく事が大事になってきます。
 
その為「免疫を調節する漢方薬」を中心に「腎臓の炎症を改善する漢方薬」を使う事が多いです。
 
また症状でも漢方薬を使い分けていき、
 
「血尿」が出る時は「血管の炎症を改善する漢方薬」
「浮腫み」が出る時は「利水・利尿作用がある漢方薬」
 
を使っていきます。
 

IgA腎症の原因

原因としては上記でもお話ししましたように、
 
・感冒
・扁桃腺炎
 
などと言われています。
 
特に「扁桃腺」は関係が深く、扁桃での細菌・ウイルスの感染が「IgA腎症」への原因の可能性が高いです。
 

IgA腎症の症状

主な症状としては、

・血尿
・タンパク尿
 
です。
 
糸球体血管に炎症が起こり、血管壁が傷害されることで「赤血球」「タンパク粒子」が尿に漏れ出てきます。
 
どちらかというと「血尿」の方が多くウーロン茶のような色の尿が出る事もありますが、初期段階では自覚症状がない事がほとんどです。(タンパク粒子は尿細管で再吸収される為。)
 
ただ進行が進んでいくと糸球体の炎症が広がり腎機能が低下する事で「末期腎不全」になります。(診断後20年で約40%の患者さんが末期腎不全になっています。)
 

IgA腎症の症例

症例(昭和52年生 男性 服用開始時 30代前半)

10年ほど前に病院にて腎生検を受けた所「IgA腎症」と診断。
ここ最近検査数値が上がってきているのでこちらにご相談に来られました。
 
検査数値としては「高血圧(150/90)」「尿タンパク」が出てしまっているとの事。
今の所、むくみや血尿に関しては出ていないとの事でした。
 
漢方の種類は、

①腎臓の炎症を改善する漢方薬
②免疫を調節する漢方薬

の2種類を組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から2ヶ月、血圧が落ちて「125/83」になっているとの事。
むくみや血尿もなく順調との事でした。
 
漢方服用開始から5ヶ月、更に血圧が改善して「120/71」になっているとの事。
特に最低血圧が落ち、体調も良いとの事でした。
 
漢方服用開始から10ヶ月、血圧は安定していて尿蛋白も「±」までなったとの事。
状態は安定しているとの事でした。
 
漢方服用開始から1年1ヶ月、調子が安定しているので漢方薬を1日1回に落とさせて頂きました。
調子良く過ごせているとの事。
 
漢方服用開始から1年5ヶ月、数値が安定しているとの事で更に漢方薬の分量を落とし(小学生くらいの量まで)様子を見る事になりました。
血圧・尿蛋白ともに安定しているとの事。
 
漢方服用開始から2年、数値的にも問題がないのでご本人の希望により治療終了。
順調に改善が見られました。
 
順調に改善が見られ安心いたしました。
引き続き今の調子のまま過ごせると何よりですね。

 
患者さんの声に他の患者様の症例ものっています。 どうぞ参考にされて下さい。
患者さんの声 腎臓疾患
 

 

 
太陽堂の特徴
 
”当薬局のHPをご覧いただき、ありがとうございます。
私たち太陽堂は「一人での多くの方の笑顔を見る為に」という思いのもと開局しました。
漢方薬とお客様の出会いがお悩み、体質改善の一助になれれば幸いです。”
 
特徴その1.
当薬局では、お客様「ひとりひとりに合わせた漢方薬」をその場で調合いたします。
そのため初めてのご相談では、「約1時間~1時間半」ほど相談時間をいただいております。
(遠方のお客様や、お忙しいお客様へは配送の受付もしております。詳しくはお問合せください)
 
特徴その2.
お作りする漢方薬は、国内外から厳選した生薬の力を、余すことなくお客様に届けるため
「煎じ薬」をお勧めしております。
 
特徴その3.
当薬局は漢方専門の薬剤師が「得意とする専門分野」にわかれて日々研鑽しています。
お客様の健康を第一に考え、漢方の勉強会なども積極的に開催しております。